FC2ブログ

動画ダウンロードソフトMPX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

友人と話していてダイエットの話題がでたので、%key%について書いてみます。<p>鍵垢なのでこちらから報告。華さん〈@hana032xxx〉のスリム化モデルに選ばせて頂き約2ヶ月頑張りました。156㎝47㎏から45㎏。たったの2㎏しか減っていないのに、見た目はここまでの痩せました。#華体型改善#華へ pic.twitter.com/N1mAeKIrIx</p> " <p>評判の断食、月イチでもヤセて美肌になるってホント? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160318-00469408-jspa-life</p><p> スマホを開けば否応なしに目に飛び込んでくるグルメ情報、焼きマシュマロのスモアって何よ? 並んじゃうだろ!「食べる時は快適に食べて、月に一回だけの断食しちゃえば。身体ともにデトックスできるよ」と豪語する、相棒の尾山奈央が書いた本がコレ。『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食スリム化』 ここの本でもおなじみの断食メガネ先生ということ田中裕規先生が、尾山とタッグを組んで断食セミナーを開催しました。 ファスティング・断食・筋トレ・食育の弁護士、断食メガネケース田中裕規 (プロフェッショナル・ファスティングマイスター:1級断食指導士/酵素食物学協会・認定酵素カロリー学指導士)。 白衣の上からでもわかってしまう、たくましい胸筋の持ち主の田中先生ですが、「僕、昔からは白ブタだったんですよ」と、のっけからカミングアウト。スライドでふり返れば画像を披露してくれましたが、まぎれもなく白ブタです。 この物がもはや、顔はインテリ身体はセクシー、結婚したいかもしれないルックスに変身しているのです。 断食の一般的なイメージは、「食べない」「しんどい」「信念がないと無理なのでは」というマイナス秘密ばかりな気がします。そのうえ、「本当に痩せるの? 元気な体にグッドなの?」という疑問もあるでしょう。 しかし田中先生いわく、「ドイツの諺に、『断食で治らない病気は医者でも治せない』というのがあるんです」。 なるほど。田中先生の顧客には、型や歌手や芸人といった、名だたる芸能人がいます。メディアで勤務先をされている方は身体がキャピタル。断食で心身の健康を整えているのでしょう。「持病やアレルギーがある方も、断食をすることで日増しに克服していっていますよ」と田中先生。 いいのでも十分ではなくも、現代は飽食の時代です。スマホをひらけば焼きマシュマロ、うるう年の2月29日は肉の日だとかニンニクの日だとかでテレビで焼き肉特集がやっていたりと大賑わい。片一方で、日ごとにのように食品添加物の不安もうたわれています。「だったのに、今の日本国内の食生活から完全に添加物を排除するという手法はできないですよね」と田中先生が指摘するように、品は無理に等しいです。「飲み会? あ、俺、無添加系だから」とか、いちいち断っていたら就職も友人もありませんのでします。「そうはいっても、有害物質は細胞膜にたまり抜けづらく、たまりすぎると心筋梗塞や脳梗塞になってしまうんです。細胞膜は70%ものだからが脂質でできていて、現代人の食生活と粗悪な油脂は切っても切り離せませんから」(田中先生、以下同じ) なるほど、それ故断食の登場なんですね。「そうです。月に一回、数日間、体をデトックスする事情で、病気を避けて体なしょっちゅうを送るということができるのです」◆断食で運気が上がる!? に見えるのに、やせる必需のないような人は? 体型改善の他で断食にどこやら利点はあるの?「断食による副産物は、身体ののシミが薄くなる(ターンオーバーが早まる)、若返る(奇跡のホルモンと呼ばれるアディポネクチンが改良する)、便秘経験が気分転換する、などがあります」 日頃は胃腸において食べたやり方を消化する消化酵素が、断食にいつの間にかこのような必要性がなくなり、毒素や老廃物の排泄を行う日常代謝酵素として使われるようになるからだそうです。「この品に、運気が上がった人もいますよ」 そのままの、「運気が上がる」に、わたくし・森は何よりもに飛びつきました。肉体が到達になって運気が上がるなんて、格別じゃ存在しないですか。間違いなく、3~5日の断食を克服したという方法による達成感と、目標体重削減や見た目の変化が計画となって、運気を引き寄せるんじゃないかと思います。 暦の上ではもう春、コートと同時進行で重さも脱ぎ捨てて、ちょっぴり身軽になってみるのもいいかもしれません。●ファスティング・断食・筋トレ・食育の弁護士断食メガネ田中裕規さん●女度向上指数★★★★☆(星4つ)筆者・尾山自身の体験談だけあって書籍は臨場感にあふれているし、失敗談などもあって笑えます。20キロ瘠せてリバウンドもなしの生き証人がいるのだから、説得力も十分。田中先生のお話もおもしろく、聞いているだけでヤル気になってきます。自宅でもできる断食ですが、ひとりだと挫折するかもしれないし、ご家族の協力はことかも。法律家の指導を受けるのが早道かもしれませんが、あれは各ダイエットする人の使用目的や目標ライン、金銭的所以によりけりだと思います。<TEXT/森美樹 ILLUSTRATION/尾山奈央>もりおやま http://morioyama.com/●森美樹:1970年生まれ。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓https://twitter.com/morimikixxx●尾山奈央:1980年生まれ。脚本家、エッセイスト。著書に『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食スタイル改善』(泰文堂)</p> <iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/imxGHMD9pbA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /> 日常生活日々の習慣とスリム化の手法とには何を達成しているふうなつながりが見られるのか御存知ですか。暮らしの戦略生活習慣による負担を、腰回りの長さの改善は非常に大きめに受けるそうです。先天的なものというのではないしご飯内訳やライフスタイルが世帯で似通う事が原因で、父と母が肥満であるときはその子もふくよかであるなどといったような場合がしばしば目にされます。体型改善が必要とされる体型に世帯員まとめてなる訳は親と子ぐるみで太りそうな集団生活習慣をしてしまっているのが根本因子という事になります。体脂肪のお願いは日常代謝効率を増大させるのやり方が肝要なのですけれどもいつもの慣習は代謝へもリスクを与える際があります。クセのある痩身やりようを取らなくても、起床道や眠る機会、料理を食べる道のり設定といった品物を健康的な品物に変革する作戦によって、日々調子のできる皮膚へ改善します。裏返しにでたらめな生活は身体代謝能力の低下を招き、有名な体型変容手法を使ってもスリム化の効力が出にくい身体になります。難儀しスタイル改善日常によって減らした体の重さを管理するときにに入用なマイルは自己制限に根ざした毎日生活習慣の改革と知りましょう。遅寝遅起きや夜のおやつというスタイルを、行動習慣を変身するためにも終了決定しましょう。真夜中の行動習慣や夜過ぎのカロリー購買は、日本国内国民は夜行性に移行しているとはいえ、バイオリズムを弱らせる根本要因になりえます。一挙手一投足をスタイル変革手記をつけるなどしてメモする見方は向上の意欲は強固だがだけれどいまひとつ想定した意味の通りには生活できない人には良いかもしれません。落ち着いて見逃していた癖や目下のコンディションを見つめるケースが進むであるような体型改良手段が、日報をつけるという品物です。 <iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/3tOcVCZCHFI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /> " <p>大場久美子再ブレーク 56歳ビキニの破壊力〈週刊朝日〉 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160318-00000007-sasahi-ent</p><p> わが青春のアイドル、大場久美子(56)は本誌にそんな風に語った。「17歳のアイドルだったころ、50代半ばでグラビアで水着になるとは想像することがもしていませんでした」 大場はいま、50代でアイドル水着を披露するという、誰も通ったという手法の存在しない道に挑戦している。 当初、週刊誌のグラビアを飾ったのは2014年の「週刊アサヒ芸能」。担当編集者の石田伸也氏はきっかけをそう語る。「『キングオブコント』(TBS系)で大場さんが、頭からかぶり商品をして水着になるというコントをやったんですよ。この品なら、スタジオで本格的に撮影して、グラビアに掲載したいと思いました」 大場の水着グラビアを掲載した発売号は、年末年始を除くだいたい号としては、年間売れ行きナンバーワンだった。ブームの秘訣を石田氏はそう言う。「アイドルまっただ中の18歳のころ、ブロマイドの売り上げが年間1位になるほどのベストセラーだったんですよ。根がグラビアでの流行が高かった。あどけなさと、スリム化に成功したプロポーションの良さの調子が絶妙ですね」 この 後、人気は人知れず拡大。写真週刊誌「フライデー」は大場の水着を表紙に。「週刊ポスト」は昨年11月、大場をグアムへ撮影旅行に連れていき、ビキニグラビアを一挙13WEBサイトにわたって掲載。今年2月にも「大反響特別アンコール」と題して、8ウェブサイトをお勧めした。「グアムでの水着撮影は35年ぶりでした」(大場) 所属事務所のオフィスキコの合田道人会長はそんな風に話す。「アイドルだったころはグアムに大勢の週刊誌カメラマンが押しかけ、分刻みのスケジュールで大場を撮影していました」 再ブレークで、年明けから昔のヒット曲を歌うチャリティーライブを開催。テレビのバラエティー番組や「心と体」をテーマとした講演にも呼ばれるようになった。4月6日には3カ月で14キロスタイル改善したやせ方を伝授したDVD「大場久美子式美活ライフ」を発売する。「新たな水着の動画も入ってます。動画なのでごまかしなし。素顔のまんまですから(笑)」(大場) 挑戦はどこまで続くのか。「私の担当の編集者さんやカメラマンさんは『そして4年後までがんばれ』とか『60歳を過ぎてもがんばれ』と言ってくださるんです。うれしいけど、何歳まで続けられるかはわかりませんね。私の楽しめる間はがんばりたいと思います」(同) 魔法を使うコメットさん役で一世を風靡したのは38年前。いつまでも魔法をかけ続けて。(本誌・松岡かすみ、上田耕司、牧野めぐみ、藤村かおり/栗原正夫)※週刊朝日 2016年3月25日号</p> <p>【排便困難リフレッシュ(裏技スタイル改善)】①寝る前にコップ1杯の水を飲む②朝トイレの後に1杯の水を飲む③常々トイレの後1杯の水を飲むこの品をくり返すと1日6〜8回トイレに行き体内の水分が入れ替わり毒素が抜け、すぐ結果が出る人だと騒々しいで体重がストンと落ちます。白湯もオススメ!</p><a href="URL">URL</a>


関連記事
スポンサーサイト

2016/03/19 02:27 | 未分類TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。